クリップアカデミーの実績、生徒の成長の様子を掲載しております

江戸川区で人気を集める学習塾では、小学生から高校生までの各年代の生徒様が、目標や夢を見つけて前向きな態度で学習に取り組み、着実にステップアップできるよう個別指導の長所を活かした指導を行っています。クリップアカデミー生の記録や実績を多数掲載しておりますので江戸川区で塾をご希望の保護者様一度ご確認下さい。

  • 英語っておもしろい!

    こんにちは!

     

    三原です。

     

    毎日とは言いませんが、少しずつブログを書くのも慣れ始めてきました。

     

    今日は嬉しかった事を1つシェアしたいと思います。

     

    私は今、ある小学生の生徒の英語を教えています。

     

    その子はとても勉強熱心でいつも真面目に取り組んでいるタイプで

     

    少しおとなしめで穏やかな子です。

     

    英単語や「英会話」も教えるのですが、私がハイテンションで接しても

     

    けっこう普通のテンションを保ち、もくもくと勉強をしている感じです。

     

    私が勝手にテンション高めで盛り上がっているだけなのか・・(笑)

     

    それはさておき、

     

    その子のお母さんから聞いて分かったことがあります。

     

    それは、塾以外のところでたくさん英語が出てくるそうなんです。

     

    お母さんは、

     

    「家族でお出かけした時にお兄ちゃんに英語を話していたんですよ!」

     

    「簡単な英会話とかを言ってるっぽくて、なんだか呪文みたいに聞こえたりしますね(笑)」

     

    など、少しずつ普段の生活で英語に挑戦しようとしている様子を聞きました。

     

    私はそれを聞いて、とても嬉しくなりました。

     

    なぜなら、塾では「読み、書き」がメインになってしまい、少し硬い雰囲気があり

     

    本当のところ、生活の中で英語を使ってほしい、できれば話して欲しいと願っていたからです。

     

    陰でこっそりとやっているわけではないと思うのですが、

     

    塾での授業の中で頑張るだけでなく、

     

    外でも努力しているので、

     

    「こんな風に成長してるんだなぁ~」

     

    感心しました。

     

    この事が、私にはとても嬉しい出来事でした。

     

    塾に通い、教室で勉強することだけが成長なのではなく、

     

    勉強はどんな環境にいてもできるんですね!

     

    改めて、そう感じました。

     

    英語が好きになってきているようなので、

     

    もっと好きになり、大得意の教科になってほしいですね!

     

    Keep Fighting !! laugh

  • とても前向きで賞

    鹿骨校舎の丹羽です。

    今回紹介するのは鹿骨東小学校6年の加藤尚輝くん。

    今回紹介することになった経緯は、保護面談のときにお母さんから聞いた一言でした。

    「中学校に行くのが楽しみ」と言っていた尚輝くん。

    普通のように聞こえますが、ネガティブな発言が多いなと思う最近では、とても前向きで私自身うれしくなり、「とても前向きで賞」を受賞。

     

    そこで尚輝にインタビュー

    丹羽:「中学校のどんなところが楽しみなの?」

    尚輝:「見学に行ったとき、部活動が楽しそうだったから。あと、中学校は他の小学校からも集まってくるから、新しい友達が作れるでしょ」

     

    丹羽:「中学校に行ったら何かしてみたいことはある?」

    尚輝:「ん~、やっぱり部活動に入って頑張りたい。何か新しいことに挑戦したいから生徒会とかもやってみたい」

     

    最近までは小学校代表委員などはやりたくないと思っていたようですが、中学校の見学を通して、何かしらの刺激を受けて新しいことに挑戦したいという気持ちが湧いたようです。

    これからもたくさんの経験をして、成長した姿を見せてください!

  • 続々出てくる過去最高得点!

    鹿骨校舎の丹羽です。

    今回は鹿骨中学校2年の三井君。

    小学生の時はいろいろと理解することに苦しんできましたが、今は本人も実感できるほど理解できるようになりました。テスト前の粘り強さと集中力はトップクラスです!

    職場体験のなかでも、多くを学び、現時点での将来の方向性も見つけられたようです。これからも色々な体験から色々なことを感じ取ってほしいと思います!

     

     

     

  • 先生、今回は俺が悪いよ。

    クリップアカデミー小松川校の三原です。

     

    今日はある生徒の「心の成長」について書きたいと思います。

     

    小松川1中に通っているTくん。

     

    春からクリップアカデミーに入塾し

     

    コツコツ頑張っています。

     

    勉強は元々、あまり得意な方ではないけど

     

    しっかり塾に通い、やることはやっている子です。

     

    そんな彼とのエピソードです。

     

    公民の授業で、

     

    「今、学校はどんな風に授業を進めてるの? 教科書の範囲は?」

     

    と、聞くと

     

    T君は

     

    「教科書使ってないので全然分かりません」と答えました。

     

    「じゃあ、今度公民のノートを持ってきてもらっていいかな?」

     

    Tくん「分かりました、持ってきますね。覚えてたらですけど(笑)」

     

    そう言って、はや3週間・・・。

     

    毎回、ノートを忘れることを繰り返すTくん。

     

    時には、反抗したり、言い訳したり、あれこれ言って言い逃れるTくん。

     

    私は毎回、それを受け入れましたが、4度目に真剣に伝えました。

     

    「Tくん。ノートを持ってきてほしいのは全てTくんの為なんだ。Tくんも公民の点数を上げたいだろうし、先生も点数アップのサポートをできるだけしたい。なるべく定期テスト対策になるような授業を工夫していきたいから、ノートを持ってきてほしいんだ。分かるかな?」

     

    こんな風に本気で伝えると、

     

    「先生、今回の件は俺が悪かったよ。次回、ノート持ってくるね

     

    と。

     

    私は胸がジーンとしました。

     

    Tくんが素直に自分から謝った。

     

    成長を感じました。

     

    塾では「勉強の指導」ありきなので、成績を伸ばしていくことは絶対ですが、

     

    こんな風に「心の成長」

     

    勉強を通じてできるのも、素敵だと感じました!

     

    次週、Tくんがノートを持ってきてくれる事をお祈りして待ちますwink 

     

     

     

    ※皆さんは、Tくんがノートを持ってきてくれると思いますか?cheeky

  • 江戸川区鹿骨にある春江中の3年生 

     

    健芯くん。

     

    公民の授業で政治の単元を一生懸命学んでいました。

     

    重要な語句を覚えて、政治の成り立ちや意味を覚えて、不得意ながらも

     

    コツコツ真面目に取り組んでいます。

     

    映像教材のWeb確認テストの結果は・・・・・

     

    ななななななんと!!!

     

     『100点満点!』

     

    本人もとても嬉しそうな顔をしていました!

     

    受験に向けてこれからも頑張れ!健芯! 

     

    Keep Fighting!!

    laughyeslaughyeslaughyeslaughyeslaughyes

< 12 ... 4 >