子どもたちが感じたこと

2020/04/29 鹿骨

鹿骨校舎の丹羽です。

こどもたちは休校となり、オンラインで授業を受ける環境をどう感じているのでしょうか。

Crimson Global Academy 日本代表の松田さんのお話では、子どもたち(小中高生)の学びに対するモチベーションの変化のを調査したところ以下の結果になったそうです。

 

モチベーションがかなり上がった 20.3%

モチベーションが上がった    12.7%

モチベーションは変わらない   21.5%

モチベーションが下がった    13.9%

かなりモチベーションが下がった 31.6%

 

モチベーションが上がったと答えた人は、「自分のすきなことを探究できる時間が増えた」と思えた子どもたちだったそうです。

 

ということは、すきなこと見つけなければいけませんが簡単ではありません。意外と普段は考えていないものです。

 

経験してみて、近くで見て、聞いて、初めて興味がわき好きになるのではないでしょうか。

 

こどもたちは未経験のことが多いので、まずは嫌いでないならとにかく何でも新しいことに挑戦してみることが大切だと思います。

その中から、「これをやってると楽しい、もっともっと知りたい」となってくれるといいですね。

 

私も、子どもたちの周囲の大人の1人として、子どもたちが新たな一歩を踏み出せるように背中を押してあげたいです。