自宅で少しでも集中できるようにするためには

2020/04/21 鹿骨

自粛に伴い、自宅で勉強をしなくてはいけなくなりました。

突然、自宅でやりなさいと言われても…難しいですよね。

 

まず、机の上は片付いていますか?

教科書や問題集がどこにあるか把握していますか?

そしてすぐに取り出せますか?

 

以上ができていれば準備はOKです!

 

それでは、少しでも集中できる環境を作るためにはどうしたよいでしょうか。

いきなり自宅とういう環境に変わってしまい集中できないのには理由が3つあると言われています。

 

①誘惑がたくさんある

②時間制限がない

③いつもしていることがなくなる

 

①誘惑がたくさんある

 

人は誘惑に勝つのが難しい生き物です。子どもたちにとって誘惑とは、スマホやテレビ、友達とのLINEやインスタなどでしょうか。

 

とにかく、視界に入らないところに置く、これだけです。

 

②時間制限がない

 

学校がないために起きる時間や寝る時間、勉強を始める時間も終わる時間も制限されていないため、「もう少しあとでやろう」「もう少し寝よう」という考えや、遅くまで起きてしまったり、終わりを決めないで、ダラダラと「ながら勉強」をやってしまったり…。

 

難しいかもしれないけれど、何か1日の中の決め事があるとよいのではないでしょうか。

ちなみに私は、「朝、10時までに読書の時間を1.5時間作る」ということを決め、夜更かしをしない理由を作りました。

 

③いつもしていることがなくなる

今まで勉強や仕事をする前にしていたこと、例えば、いつもの自販機の前でコーヒーを飲んで気合を入れる、学校へ行く途中にいる超かわいい犬に会うなど、それぞれが「よし!今日一日の始まりだ」「これから集中するぞ!」という時に何気なくやっていたルーティーンがなくなるからだとも言われています。

 

例えば、ガムを食べる、シャワーを浴びるなど、「集中するぞという時にする簡単なル-ティーン」を決めてみるというのもよいかもしれませんね。

 

 

以上、まだ自粛期間は始まったばかりです。

前向きに頑張ろう!