本当の「考える」とは?

2019/10/03 鹿骨

それは

“手を動かして紙に書くこと”です。

 

頭の中だけで色々と考えることは考えているフリと変わらないということです。自分の偏った思考を客観視できるためです。

 

ただ考えているだけだと、

・CMでよく見るものを買ってしまう(単純接触効果)

・すごい人が言うことは正しいと思ってしまう(ハロー効果)

・今までのやってきたことが正しく感じる(一貫性の法則)

など、どれも人間の性質としてしかたのない認知バイアスがかかってきます。

 

この認知バイアスから逃れる方法こそが“文章にすること”だそうです。

詳しくは「メモの魔力」や「ゼロ秒思考」という本を読むことをお勧めします。

 

クリップアカデミーのスタッフそれぞれが、このブログを日頃考えていることを客観視する場としてもとらえています。

 

間違いや考え方の違いはあるかもしれませんが、どのような人が各校舎を担当しているのかを知っていただき、お立ち寄りいただければ幸いです。