アウトプットの重要性

2020/06/23 小松川

こんにちは、江戸川区小松川・平井地域の中学生のため学習塾

 

クリップアカデミーの三原です。

 

今日は「アウトプットの重要性」について書きます。

 

今の学校のスタイル、塾のスタイルは「インプット型」の勉強が多いです。

 

分かりやすく言うと、

 

・勉強を教えてもらう

 

・知識、情報を聞くこと

 

です。

 

長い間このようなスタイルなので、このやり方が勉強することのように思えますが、

 

実はそれだけではありません。

 

◆身体の仕組みを分かると理解しやすい

 

身体も何か食べものを吸収して、必ず外に出します。

 

食べてばかりで何も外に出さなければ人はどうなってしまうか?

 

いつか病気になってしまいます。

 

勉強も同じです。

 

インプットしたことを外に出すこと、

 

それをアウトプットと言います。

 

アウトプットをしないと、実力がつきません。

 

◆具体的なアウトプット

 

・ノートに書きだしてみる

 

・友達に教えてみる

 

・声にだしてみる

 

・新しい問題をたくさん解いてみる

 

・テストを受けてみる

 

このようにたくさんあります。

 

アウトプットが少ないと、勉強が分かったふりだけで終わってしまい、

 

実は何も身についていないという事になってしまいます。

 

ぜひ、「アウトプット」を意識して勉強してみてほしいです。

 

生徒が書いたアウトプットの用紙の写真をあげておきます。

 

今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

またもっと詳しく載っているアウトプットのブログ、リンクで下に貼っておきます。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓