共感の強さ

2020/06/18 小松川

こんにちは、

江戸川区の学習塾クリップアカデミーの三原です。

 

今日は「共感」について書きたいと思います。

 

昨日、夕方に新中1生の生徒たちと数学を勉強していました。

 

中1の最初は、計算問題が多いです。

 

計算ミスや符号ミス、そのようなケアレスミスがないことが点数アップの秘訣ですね。

 

夏になってきて、暑さのせいか生徒達の集中力も低下してきて、

 

なかなか解くスピードが遅くなっていってました。

 

飽きもあったのかな?

 

私は横で見ながら、間違いなどがあったらサポートしていくスタイルでやっていたのですが、

 

ふと、思いついたので、あることをしました!

 

「よし、先生も今解くから一緒にやっていこうよ!」

 

そのように声をかけて、隣で一緒に解き始めました。

 

すると、なぜか生徒達の解くスピードが上がっていきました。

 

またケアレスミスも多かったのですが、

 

なぜか正答率も上がっていたのです。

 

明確な理由は分かりませんが、

 

「一緒にやっていく」

                ll             

「生徒に共感しながらやる」

 

と意識して取り組んだら、事がうまく進んだのです。

 

先生が、コーチが、指導者が、子ども達にただやってもらうのではなく、

教える方も一緒に同じことをやっていくのも、

 

ある意味新しい勉強法で良いのかもしれなと思った瞬間でした!

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございますlaugh