知る事は力

2019/12/11 小松川

こんにちは!

 

江戸川区小松川、平井地域の地域密着塾クリップアカデミーの三原です。

 

もう2019年も12月になりました。

 

1年が経つのは本当に早いですね。

 

今日は、「勉強のやり方」について話したいと思います。

 

 

 

中3生はもうすぐ高校受験本番です。

 

小松川校舎のある3年の男子Dくんが国語の入試過去問を解いていました。

 

Dくんは一生懸命、文章読解の問題を解いてて、なかなか思うように点数が取れなくて、もがいていたので、

 

私は質問してみました。

 

三原「どんな風に問題を解いてるの?」

 

すると、「Dくんなりの解き方」を教えてくれました。

 

それは、

 

・まず全部の文章を一度読む

 

・それから問題を解いていく

 

決して間違ってないのですが、

 

私は

 

「高校入試の国語で点数が取れる解き方」を詳しく教えました。

 

 

 

その方法とは、

 

・最初に問題文を読む

 

・その次に本文から答えを探していく

 

・4択の選択肢の誤ったものを先に消していく

 

などなど、受験テクニックを教えました。

 

(※これだけではありません)

 

Dくんは今まで自分でやっていた解き方を置いて、

 

私が教えた通りの方法でやってみたそうです。

 

国語の過去問2年分を解いてみて、終わった時に彼はこう言ってきました。

 

 

「先生!教えてもらった方法で解いたら、点数が伸びたし、早く解けるようになったよ!」

 

と。

 

確かに、今まで取れなかった点数が出ていました。

 

その回は「83点」でした。

 

彼にとっては嬉しい高得点でした!

 

とても爽やかな笑顔でした。

 

 

 

 

◆知る事が力だ

 

これは単なる受験テクニックの話ではなく、

 

「知っている」「知らない」

 

この差はとても大きいと言う事を伝えたいのです。

 

頭が良い悪いではなく、

 

「国語の文章読解の正しい解き方」を知らなければ、

 

いくら努力しても限界があるということです。

 

 

今回、Dくんが実践してくれたので彼は気づいたので、

 

本当に良かったです。

 

受験前で良かった~(笑)

 

これは、全ての教科に当てはまると思っています。

 

 

各教科に適した正しい勉強法があると思います。

 

 

その方法を知っていて、実践してくれれば、成績は上がると思います。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^)